田代まさしさんが会見

 覚せい剤取締法違反で逮捕、実刑判決を受けて服役し、出所した田代まさしさんが18日に都内で会見しました。

 田代さんは、2011年7月に覚せい剤取締法違反の罪で懲役3年6月の実刑判決を受け、昨年7月に約3年半の刑期を終えて出所。出所した後は、「ダルク」と呼ばれる薬物依存症のリハビリ施設で、依存症に苦しむメンバーの支援を続けていたそうです。

 懐かしい名前ですね、田代まさし。逮捕された時は痩せこけて、まるで末期がんの患者のような顔をしていたのを覚えています。一目で薬物の恐ろしさを伝える事の出来る姿でした。

 この会見、今月末に田代さんの著書が発売予定となっており、日本ダルク本部の代表・近藤恒夫氏同席の元、出版記念イベントの一環として行わたものです。席上田代さんは薬物依存の怖さについて、条件反射のようになってしまう、と説明。薬物はよくないと理屈では判っていても、実際に薬を見せられたら「一回ぐらいいいだろう」と思ってしまうと語りました。

 薬物とかアルコールの依存者は、脳が変化してしまうと聞いたことがあります。そして、一度変化した脳は二度と元に戻らないと。本当に恐ろしいことです。

御嶽山が噴火

 気象庁の発表によると、岐阜県と長野県にまたがる火山の御嶽山が27日の午前11時53分ごろ、突然噴火したそうです。

 噴火を受けて気象庁は、御嶽山の噴火警戒レベルを3に引き上げました。レベル3になると、登山が禁止され、入山も規制されます。

 長野県側の木曽広域消防本部によると、山頂付近で8人の負傷者がでており、うち1人は骨折の重傷、他は軽傷ということです。また、長野県警によると、山頂付近には約250人の登山者らが取り残されているもようです。

 御嶽山は、1968年(昭和43年)に活発な噴気活動を始めるまでは死火山と思われていました。1979年(昭和54年)10月28日に水蒸気爆発を起こし、1991年と2007年にも小規模な爆発を起こし、今回の噴火は7年ぶりとなります。そう言えば最近地震が多いですし、これやはり東日本大震災の影響か何かでしょうか?。

 事態を受けて、政府は首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置。その後、官邸連絡室に格上げして態勢を強化しています。

PSPの出荷完了を発表

 ソニー・コンピュータエンタテインメント・ジャパン・アジア(SCEJA)の発表によると、2014年6月で同社の携帯ゲーム機PSP(プレイステーション・ポータブル)の日本国内向けの出荷を完了するそうです。

 PSPは既に今年4月、ピアノ・ブラック以外のモデルは出荷が完了していましたが、今回の決定で全てのPSPが出荷を終了する事になります。また、出荷完了の決定を受けて、6月3日の13時からソニーの公式ストアでは、PSPを下取りに出した人に、PS Vitaを最大3000円値引き(学生の場合は4000円値引き)する買い物券を配布する、PS Vitaへの乗換キャンペーンを実施しています。

 PSPは今から10年前の2014年12月12日、据置型のプレイステーション発売10周年を記念して。そして、任天堂のニンテンドーDSへの対抗機種として発売されました。

 「モンスターハンター ポータブル」が大ヒットした2007年頃から売り上げ急速に伸び、2011年に累計7000万台を突破。しかし、海外ではスマートフォンのゲームに押され、携帯型ゲーム機用のソフト市場におけるシェアは10%程度と苦戦しました。