田代まさしさんが会見

 覚せい剤取締法違反で逮捕、実刑判決を受けて服役し、出所した田代まさしさんが18日に都内で会見しました。

 田代さんは、2011年7月に覚せい剤取締法違反の罪で懲役3年6月の実刑判決を受け、昨年7月に約3年半の刑期を終えて出所。出所した後は、「ダルク」と呼ばれる薬物依存症のリハビリ施設で、依存症に苦しむメンバーの支援を続けていたそうです。

 懐かしい名前ですね、田代まさし。逮捕された時は痩せこけて、まるで末期がんの患者のような顔をしていたのを覚えています。一目で薬物の恐ろしさを伝える事の出来る姿でした。

 この会見、今月末に田代さんの著書が発売予定となっており、日本ダルク本部の代表・近藤恒夫氏同席の元、出版記念イベントの一環として行わたものです。席上田代さんは薬物依存の怖さについて、条件反射のようになってしまう、と説明。薬物はよくないと理屈では判っていても、実際に薬を見せられたら「一回ぐらいいいだろう」と思ってしまうと語りました。

 薬物とかアルコールの依存者は、脳が変化してしまうと聞いたことがあります。そして、一度変化した脳は二度と元に戻らないと。本当に恐ろしいことです。