民進党一部議員が新党結成の動き

 民進党で、希望の党から公認を受けられない一部の議員が新党の結成を模索しているそうです。

 民進党は10月10日に公示される衆議院選挙には公認候補を出さず、所属議員は離党届を出した上で希望の党から公認を受ける事を決定していました。所が、希望の党の小池代表は民進党議員の無条件受け入れを否定。安保法制や憲法改正への賛成を条件としました。

 菅直人元首相、枝野幸男元官房長官らは希望の党の公認を得られない見通しで、辻元清美幹事長代行は自ら希望の党の公認を受けないことを宣言しています。野田佳彦元首相も、「先に離党した人の股をくぐる気はない」として、無所属での立候補を表明していますが、無所属では比例での立候補は出来ず、政見放送も出来ません。

 そこで、希望の党から排除された議員同士で新党結成、と言う話が出てきたのですが、いかんせん時間がありません。具体的な話はまだこれからで、どうなるかは不透明です。

 しかし、はっきり言えるのは、民進党は分裂の上消滅の道をたどることになった、と言う事です。