三菱自動車、再測定で更に不正

 燃費データの不正が発覚、日産自動車傘下となった三菱自動車で、不正発覚後に燃費の再測定を社内で行った際にも不正があったことが、国土交通省の立ち入り検査によって判明しました。

 三菱自動車は今年4月に軽自動車4車種の燃費不正が発覚後、社内で燃費値の再測定を実施して結果を国土交通省へ提出していました。しかし、国の測定した燃費値と再測定結果が大きく乖離していたため、国交省が今月2日に同社の本社などに立ち入り検査を行い、不正が明らかになった物です。

 三菱自動車の現場担当者は、自動的に有利なデータを選ぶプログラムを使用するなどして、複数あるデータの中から良い数値を意図的に選んでいたと言う事です。

 不正のあった燃費の再測定で、また不正をやらかしていた三菱自動車。国土交通省は「常軌を逸する事態」と厳しく批判しています。

 全く呆れて物が言えません。現在三菱自動車は日産自動車の傘下に入って再建を図っていますが、もう吸収合併して三菱自動車の社名は無くした方が良いかもしれません。勿論三菱自動車の役員や、不正に関与した人間は全員解雇で。