三菱自動車、再測定で更に不正

 燃費データの不正が発覚、日産自動車傘下となった三菱自動車で、不正発覚後に燃費の再測定を社内で行った際にも不正があったことが、国土交通省の立ち入り検査によって判明しました。

 三菱自動車は今年4月に軽自動車4車種の燃費不正が発覚後、社内で燃費値の再測定を実施して結果を国土交通省へ提出していました。しかし、国の測定した燃費値と再測定結果が大きく乖離していたため、国交省が今月2日に同社の本社などに立ち入り検査を行い、不正が明らかになった物です。

 三菱自動車の現場担当者は、自動的に有利なデータを選ぶプログラムを使用するなどして、複数あるデータの中から良い数値を意図的に選んでいたと言う事です。

 不正のあった燃費の再測定で、また不正をやらかしていた三菱自動車。国土交通省は「常軌を逸する事態」と厳しく批判しています。

 全く呆れて物が言えません。現在三菱自動車は日産自動車の傘下に入って再建を図っていますが、もう吸収合併して三菱自動車の社名は無くした方が良いかもしれません。勿論三菱自動車の役員や、不正に関与した人間は全員解雇で。

ライオン脱走のデマツイートした会社員逮捕

 最大震度7を記録した熊本地震があった4月14日の夜、単文投稿サイトのツイッターに「ライオンが動物園から逃げた」とのデマを流したとして、神奈川県の佐藤一輝容疑者(20)が逮捕されました。

 佐藤容疑者はツイッターに、「地震でライオンが動物園から逃げた」と言う内容の文章と共に、ライオンが街を徘徊する写真を投稿。熊本市動植物園の職員の業務を妨害した疑いが持たれています。佐藤容疑者は取り調べに対して「悪ふざけでやった」と、容疑を認めているそうです。

 みました、このツイート。ライオンの写真自体以前に見たものだったので、すぐにデマと気づきましたし、デマだと指摘するツイートも流れてきました。本人はタダの悪ふざけ、受け狙いでやったことのようですが、問題の投稿のあと熊本市動植物園には100件を超える問い合わせ電話等が殺到、業務に支障が発生したということです。

大規模地震の後にこんなツイートを投稿すればどうなるか、予想できていいようなものですが、あまりにも想像力が欠落しています。

北海道の不明男児6日ぶり無事保護

 先月28日に七飯町東大沼の山林で行方不明となっていた田野岡大和君(7)が、陸上自衛隊駒ケ岳演習場内で保護されました。

 田野岡君は市立函館病院にドクターヘリで搬送されましたが、軽度の脱水症状と、両腕と足に軽いすり傷があるだけで、健康状態に異常は無いと言うことです。

 田野岡君は演習場内にある小屋の中で、備え付けられていたマットレスにくるまって寒さをしのいでいたそうです。食べ物は持っていませんでしたが、小屋に水道があったため、水だけは飲んでいたと話しています。しかし、水だけで6日間、よく持ちこたえたものです。

 陸上自衛隊によると、田野岡君がいたのは普段隊員の宿泊やミーティングに使われる木造平屋の小屋で、机やマットレスを備え、水道も引き込まれていると言うことです。

 田野岡君は置き去りにされた28日に徒歩で同演習場にたどり着き、小屋に入り込んで今日まで過ごしていたと話しているそうですが、自衛隊の施設にそう簡単に入り込めるものなのでしょうか?。おまけに、30日に自衛隊員が施設を点検した時には発見されていません。