韓国でドラマ化

 韓国で「のだめカンタービレ」がドラマ化されるそうです。今年1月に、「花より男子」を制作したグループエイトが「日本ドラマ『のだめカンタービレ』を購入し、下半期の放送を目標にしている」と発表したものです。

 「のだめカンタービレ」は二ノ宮知子原作の、音楽大学に通う主人公をコメディタッチで描いた漫画作品で、講談社の女性漫画誌『Kiss』で2001年から2010年まで連載されました。2004年には、第28回講談社漫画賞少女部門受賞。単行本は全25巻が発行され、累計発行部数は3300万部に達しています。

 日本では上野樹里と玉木宏の主演でドラマ化され、2006年10月16日から同年12月25日までフジテレビ系列で放映されました。平均視聴率は18.9%で、最終回は21.7%を記録する人気作となり、2009年から翌2010年にかけて続編となる「のだめカンタービレ 最終楽章」が劇場版の二部作で公開。前編は最終興収41億円で2010年度興行収入邦画第6、後編は最終興収37.2億円で2010年度興行収入邦画第8位となる大ヒットになっています。

 実は「のだめカンタービレ」は、韓国ではケーブルテレビで放映(字幕付き)されています。視聴率は、ケーブルテレビとしては高い2%の数字を取っていたと言う事です。しかし、韓国では地上波での日本作品の放映は禁止されているため、韓国版が製作されることになりました。

利用者の意思を尊重して

 電動リクライニングベッドを父母、祖父母などにプレゼントするということは結構多いかと思いますが、この際に重要なのは利用者の意思を尊重するということです。プレゼントする側がベッドを利用するわけではないので、自分の好みだけを反映させてもあまり意味がないのです。

 電動リクライニングベッドは介護される側にとっては、ある意味では生活の基盤のような存在になるものです。そのため、少しの使用感の変化が大切になってくるものなので、購入する際には利用者の意思をしっかりと汲み取れるような行動をするようにしましょう。
 実際に一緒に購入する場所に行って下見をするだとか、それが難しい場合は利用者から事前に意見を聞いておくなどが重要になるでしょう。利用者にぴったりと合わせたベッドを購入することができれば、それだけで利用者の生活は向上するといえます。

 また、この手のベッドには色々な機能が付け加えられたものがありますが、利用者の好みや状態などによってそれらのオプションについても考えるとよいでしょう。必要のないオプション機能を付けても無駄なだけですし、費用面的にも高くなり効率的ではありません。
 その他、電動リクライニングベッドを選ぶ時に良いベッドを選ぶことができれば、介護者の手を助けるアイテムとして役立ってくれることを忘れないでおきましょう。つまりは、良い商品、利用者に合った商品を選ぶことができれば、介護する側される側のどちらもが幸せになれるのがこの商品の特徴であるといえるのです。

リラックスタイム

 仕事を休憩して一息つくとき、朝起きてまず一息、そんなリラックスタイムに必要な飲み物がコーヒーでしょう。香り高いコーヒーには癒やし効果が有り、一杯のコーヒーがとても心癒してくれるのは不思議なものです。

 コーヒーの入れ方には色々なパターンがありますが、レギュラーコーヒーの場合にはペーパードリッパーの方が多いのでしょう。ドリッパーにペーパーをセットしてそこにコーヒーの粉を入れて上からお湯をゆっくり細く垂らすと香りがいっぱいに広がって幸せな気持ちになります。この紙は捨てなくてはいけないのでエコではないと最近話題なのがフレンチプレスです。専用の容器にコーヒーを入れ、そこにお湯を注ぎ4分待ってから、ギュッと茶こしを下げます。お湯も注ぎやすく大人数分も入れられる便利な器具です。

 そして最近人気なのがコーヒーメーカーです。ポーションをセットするとすぐにいれたての美味しいコーヒーが飲めるというもので家庭にもオフィスにも浸透してとても人気になっています。ポーションタイプのメリットはコーヒーが酸化しない状態で管理できるので本当に煎れたての香りが楽しめるというところです。メーカーを購入する場合もありますし、リースで利用できる場合もあるようです。

 さらにインスタントコーヒーのコーヒーメーカーがあることもご存知でしょうか。インスタントコーヒーをセットすれば簡単に美味しいエスプレッソやラテを飲むことができるのです。コーヒーメーカーも日々進歩していますね。