シャープ、東証1部への復帰を申請

 経営再建中の電機大手シャープの30日発表によると、東京証券取引所へ1部復帰の申請をしたそうです。

 シャープはリーマンショック以降の経営悪化に歯止めをかけられず、更に東日本大震災後の円高で財務状態が悪化。2016年に債務超過に陥って2部に降格、台湾の鴻海精密工業に買収されました。買収後は、鴻海は戴正呉社長を派遣して経営再建に取り組み、17年3月期連結決算の営業利益で3年ぶりとなる黒字転換を果たしました。

 5月26日には、2020年3月期連結決算の売上高を2017年3月期比約1.6倍となる3兆2500億円、営業利益を同2.4倍の1500億円にする3カ年中期経営計画を発表しています。

 東証は、通常3か月程度の審査期間でシャープの経営の健全性などを審査、認められた場合、秋に1部へ復帰すると見られます。1部から2部へ降格した企業が再び1部へ復帰するのは、2011年にオリエントコーポレーションが果たして以来です。

 2部に降格してからわずか1年余り、こんな短期間に復帰できるとは、今までの経営陣は何をしていたんでしょうか?。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする