PSPの出荷完了を発表

 ソニー・コンピュータエンタテインメント・ジャパン・アジア(SCEJA)の発表によると、2014年6月で同社の携帯ゲーム機PSP(プレイステーション・ポータブル)の日本国内向けの出荷を完了するそうです。

 PSPは既に今年4月、ピアノ・ブラック以外のモデルは出荷が完了していましたが、今回の決定で全てのPSPが出荷を終了する事になります。また、出荷完了の決定を受けて、6月3日の13時からソニーの公式ストアでは、PSPを下取りに出した人に、PS Vitaを最大3000円値引き(学生の場合は4000円値引き)する買い物券を配布する、PS Vitaへの乗換キャンペーンを実施しています。

 PSPは今から10年前の2014年12月12日、据置型のプレイステーション発売10周年を記念して。そして、任天堂のニンテンドーDSへの対抗機種として発売されました。

 「モンスターハンター ポータブル」が大ヒットした2007年頃から売り上げ急速に伸び、2011年に累計7000万台を突破。しかし、海外ではスマートフォンのゲームに押され、携帯型ゲーム機用のソフト市場におけるシェアは10%程度と苦戦しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です