年末年始、空の便9割

 日本航空や全日本空輸、スカイマーク等航空各社が14日に発表した年末年始(21日~来年1月6日)の予約状況によると、国内線の混雑の下りのピークは29日。上りは日航が1月5日で全日空は同3日と言う事です。国際線は日本発が29日で、日本着が1月5日などとなっています。またピーク時の予約率は8~9割に達しています。

 その他格安航空会社(ローコストキャリア:LCC)の「ジェットスター・ジャパン」と「エアアジア・ジャパン」、「ピーチ・アビエーション」の国内線も、ピーク時の予約率が9割を超えたそうです。

 8~9割というのが例年と比べて多いのか少ないのか不明なので、何とも言えません。しかし、LCCは何かあった時の代替機がないので、こう言う時に使うのはちょっと怖いです。他社も9割前後の搭乗率では、その日に乗り換えも難しいでしょうし。年末年始に空港で立ち往生とか、悪い意味で忘れられない思い出になる事でしょう。帰りならまだしも、行きだったら最悪です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です